WANTED~芸人の手配書

ここはお笑い芸人の手配書を扱うブログです。 「笑い死に」する危険性もあるため、 手配書の人物を見たら注意してください。

芸人の手配書~File.30~男たちの願望か妄想か…?それは何気ない日常に潜む エロティシズム…世の男たちの思いの丈を歌声に乗せて今日も彼らは音楽を奏でる!~どぶろっく

f:id:geininnotehaisyo:20210425134912p:plain

たとえ彼らのことを知らなくとも
その情熱的な歌声を聞けば思わず聞き入ってしまうことだろう。
なぜこうも聞き入ってしまうのか?
それはこの男たちの奏でる音楽には
それだけの強い想い(メッセージ)が込められているからに他ならない。

だが、同時にあなたは耳を疑うことになる。
この男たちは一体何を言っているのか…と。

聞こえてくるのは何気ない日常に潜むエロティシズム…
それはともすればテレビでは御法度、
おそらく日常生活で言葉にすれば犯罪にも繋がりかねない言葉…
しかしどんな卑猥な言葉も
あきれ果てるほどの変態的妄想と彼らの熱量を前に
あなたは笑わずにはいられないはずだ。

規制が厳しく、下ネタとて例外なく笑いにしにくくなる世の中において
彼らの存在によってエロと下ネタが不変的笑いということを
我々(ダメ男)は再認識する。
いわば彼らは男たちの代弁者でありエロの伝道師。

今こそ聞け!男たちの願望を!?
妄想が歌と共に暴走する!
DOBUROCK
笑金:6900万G

 

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

芸人の手配書~File.29~あなたも運命を筋肉に委ねてみては?筋肉系裸芸人・なかやまきんに君

f:id:geininnotehaisyo:20210417114636p:plain

一目見てその肉体美に見惚れぬ者はいないだろう。
裸芸人は数いれど、ここまで鍛え抜かれた肉体を持つ者もそうはいまい。
筋肉をまといし肉体には人間の持つ真の美しさがある。
だが、この男の肉体…そして筋肉は単に美しいだけではない。

スポーツ番組において見せつけた圧倒的な筋肉能力、
ボディービルという筋肉の集いの中でも存在感を放った観賞筋肉、
それらももちろんこの男の筋肉の魅力ではあるが
やはりこの男の筋肉の意義は「笑い」にあるといえるだろう。
生み出されるのは自慢の筋肉を駆使したギャグの数々。
裸芸人ともなればその肉体を使うのが常ではあるが
まさか己の筋肉に語り掛けるなど
この世のどこを探したとしてもこの男を除いていはしまい。
ましてや運勢さえも筋肉に委ねてしまうのだから恐れ入る。


迷ったときは自分の筋肉に聞いてみよう!
運勢さえも司る筋肉系裸芸人
NAKAYAMA KINNIKUN

笑金:2900万G

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

芸人の手配書~File.28~笑いに国境無し!?…地球(儀)を弄ぶその異様な姿はまさに宇宙海賊!ゴー☆ジャス

f:id:geininnotehaisyo:20210408111931p:plain

包み隠すことなく大っぴらに明かされたその素性を聞けば
おそらく多くの人が耳を疑いたくなるであろう。
この男…にわかには信じがたくも宇宙海賊…

…ということらしい。
確かに左手にサイコガンを仕込んでるわけでもなければ、
右目に眼帯をしているわけでもない。
だがその奇抜な恰好と斬新すぎる芸を見れば
この男が地球外の者であることは一目瞭然だろう。
地球(儀)を手玉に地名をダジャレで落とす様は
宇宙的発想以外なにものでもないと言わざるを得ず、
少なくとも人類の歴史上において類似した系譜がない以上、
宇宙海賊の名に偽りはあるまい。

それが洗脳なのか侵略なのか目的は定かではないが
他に類を見ない宇宙的センス(地球におけるダジャレ)が
地球人に受け入れられたことは間違いなく、
突如として現れたこの男によって我々(地球人)は改めて認識することになる。
「笑い」には人種も国境も関係ないのだと…。


巡る~巡る~よダジャレが巡る~♪
こりん星までは4時間ぐらい?
アンドロメダからやってきた
宇宙海賊(地球ではそれを芸人と呼ぶ)
GORGEOUS
笑金:540万G

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村

芸人の手配書~File.27~昭和歌謡リバイバルの先駆け!?今こそこの男の歌を聴け!ムーディ勝山

f:id:geininnotehaisyo:20210405110642p:plain


シンプルなメロディ、シンプルすぎる歌詞、
一度聴いたら決して忘れることはないだろう。

令和という時代をむかえ、あらためて愛される昭和歌謡
だがこの男は新たな時代をむかえる十数年前に
すでにムード歌謡をお茶の間に届けていた。
ネオンが似合う衣装はまさしく昭和そのもの。
そんな男が歌うはただただ「右から左へ受け流す」というだけの
なんとも意味不明な歌。
一聴しただけでは決して歌詞に共感したり感動することはない。
『一体何を受け流すの…?』と、困惑した人もいただろう。
だがその単純なメロディと謎すぎるフレーズの繰り返しが独特の笑い誘う!

後日談ではあるが一説によるとこの歌詞には
「悲しみや不安を受け流して欲しい」という意味があるらしい。
ならば!である!
不寛容な時代と言われる昨今。
コロナというパンデミックが追い打ちをかける今だからこそ
この男の歌には大きな意義があるのではないだろうか?

今こそこの男の歌を聴いて
すべてを受け流そう?
謡曲の伝道師?にして
歌も仕事もすべて受け流した男!
MOODY KATSUYAMA

笑金:600万G

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村